Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

調停申立書

今更ですが、「苦労」のカテゴリは愚痴なので、
のほほん記事をご所望の方はすっ飛ばしてください。


旦那がどれくらい育児を放棄していたか、簡単に挙げますと、
・オムツを替えたのは京が乳児の時に1度だけ
・お風呂に入れたこと、なし
・食事を用意したこと、なし
・洗濯してやったことや靴を洗ってやったこと、なし
・病院に連れて行ったこと、なし
・保育園の送迎、なし
その他きりがないほどですが、極めつけは
・晶を抱っこしてやったこと、話しかけてやったこと、なし

育児は協力してするものだ、と訴えると、ふてくされて逆ギレ。


離婚調停の申立書が届いたのも、そんな旦那を注意したことがきっかけでした。

半分諦めていたので、申立書も途中までは、割と冷静に読んでいたのですが。

2014512.jpg
どの口がほざいとんのじゃ

本気で腹が立つと心拍数が上がることを知りました。


もう一度冷静になってみると、
どうせ本気で要求しているわけではなく、
「養育権を譲るから他を譲れ」という交換条件に利用するつもりだろう、と考えることはできましたが、
それはそれで腹の立つことでした。


案の定、調停初回で養育権を放棄してきました。

その後、調停は不調となり、裁判の訴状が届いたのですが、
性懲りもなく「養育権は自分」と書いてあり、
ぞわぞわするほど、また腹が立ちました。未熟だな、自分。

弁護士さんも読んで速攻「養育権は間違いなくお母さん、大丈夫」と言ってくれたので、
安心はしていますが、
命に代えても、子どもたちだけは絶対私が守っていく、そう強く思っています。



育児絵日記 ブログランキングへ




スポンサーサイト

«  | ホーム |  »

2014-05

プロフィール

 

遠藤梅香

Author:遠藤梅香
遠藤梅香です。
育児絵日記です。
日常、思い出、時々妄想。

コメントの返信は気長にお待ちください。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

 

月別アーカイブ

カテゴリ

梅香る

 

 

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR

 

すくパラ倶楽部

 

 

にほんブログ村

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。