Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の自分

う・え・を・む~いて あ~るこ~おうおうおう
2014916.jpg
今日の婚姻費用分担調停についてです。
長い上、大して面白くもないので、のほほん記事をご所望のみなさまは、またのお越しをお願いします。


そもそも、子ども捨てて勝手に出ていった人の申し立てがまかり通るのか!?
という考えを伝えたのですが、
婚姻費用というものは、別居の原因や経緯とは無関係に、冷酷に決定されるもののようです。

おそらくは、通常の婚姻費用について、「生活費なんか払うか!!」とは言わせないための、
弱者を守るための取り決めではないかと思います。

それを利用して、旦那は自分の口座から引き落とされている光熱費などを、今後は私に負担させようとしたのです。
育児の方がよっぽどお金がかかっているのですが、旦那はそんなこと当然のように無視。
算定されるであろう婚姻費用(旦那が私に払う)の額は、旦那が現在負担している額を下回るので、
結果、旦那の負担が軽減されるというもの。

養育費にしてもそうですが、裁判所が判断基準にしている「算定表」は現実にそぐわないもので、
実際、今回の婚姻費用にしても、晶久ひとりの保育料の半分にも届きません。
母子家庭の貧困を助長する、悪しき参考資料だと思います。

思いますが、わたしがキーキー言ったところでその大いなる流れが急に変わるはずもないだろう、
だとしたら、憤るよりも、少しでも自分の負担を軽減する可能性を探そうと考えることができました。
結果、「この部分を私が負担するというのではどうか」という提案をしました。
旦那はあろうことか欠席であったため、話が前に進まず、次回に持ち越しとなりました。

納得いくかと問われれば、全く納得いきません。
子どもたちのことを一切思わない主張に応じなければならないこと、
その結果、子どもたちに何らかの我慢を強いることがあるかもしれないことを思うと、
不憫で涙が溢れそうでした。

ただ、裁判所に着いてから、待合室で呼ばれるのを待つ間に、
なぜか「たとえ悪い結果でも、それは私の不徳のためだと思おう」と考えていて、
納得いかなくても、その時は、
自分で自分に「これから徳を積めばいい、それが子どもたちに返ってくればいい」と言い聞かせよう、
と決心していました。
そんな考え方、今までしたことなかったんだけどなぁ。

そんな自分のおかげで、終始、今でも、心穏やかでいることができています。

救われたのは、2人の調停員さんが、中立の立場を通しながらも、
節々に私に同情してくださっている気がしたこと。

年配の男性と女性だったのですが、
試しに算出された額が記載された用紙を、
男性が「こんなもの」と言わんばかりに女性の方に打ち捨てるように渡して、
「旦那さん側にはこの額は伝えませんので、妥協案があれば、それをお伝えします」
というようなことを言ってくださったこと。

女性は終始、穏やかでありながらも、「そもそも旦那さんが」「普通では考えられないケース」などと、
私の気持ちに寄り添ってくださったこと。

最終、妥協案を伝えて帰る際、男性が私を励まそうとしてくださったので、
「ありがとうございます、頑張ります」と笑顔でこたえて席を立つと、
崩れるように頭を抱えて動かなくなったこと。

抗えない不条理に、私と同じ思いでいてくださったのだろう、と、勝手に解釈・・・(笑)

今日の私は、強くあれたのではないかな。

最近忙しくて触ってなかった三味線を、久しぶりに楽しみました。
絵を描いて、音楽があって、子どもたちが元気で。
それが私の幸せです。

↓↓クリック、もちろん幸せです( *´艸`)

育児絵日記 ブログランキングへ


スポンサーサイト

コメント

私は梅香さんの味方です(>_<)
お金の問題は深刻ですが
お子さんのことを全く考えない旦那さんと
きっぱり切れることは悪くないことだと思います。
早く裁判が終わることを祈ってます。
本当に法律っておかしなところがありますよね…(´・ω・`)

クリック、拍手、しました!
うおー!幸せになってくれ~!泣

Re: miyako さま

ありがとう(*´▽`*)
ありがたいことに私には仕事があるので、
何とか子どもたちを支えていこうと思ってるよ
そんな人生もまた楽しかろうて(*´ω`*)

Re: はらぺこ さま

うおー!幸せになりました~~!!!(笑)
しんどい時は、人様の優しさが身に染みて、ありがたいです。
クリック、ありがとうございました!(^^)!
超励まされます!!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://umekaoruhibika.blog.fc2.com/tb.php/178-9b01e935

«  | ホーム |  »

2017-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

プロフィール

 

遠藤梅香

Author:遠藤梅香
遠藤梅香です。
育児絵日記です。
日常、思い出、時々妄想。

コメントの返信は気長にお待ちください。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

 

月別アーカイブ

カテゴリ

梅香る

 

 

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR

 

すくパラ倶楽部

 

 

にほんブログ村

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。